肌が変わる! 若々しい肌を保つ化粧水の正しいつけ方

エクシード 美容コラム

>>美容コラムトップへ

肌が変わる! 若々しい肌を保つ化粧水の正しいつけ方

毎日のスキンケアの中で、欠かすことのできない「化粧水」。
実はこの化粧水のつけ方によって、
肌のコンディションが左右されるってご存じでしたか?
ふっくらとしたみずみずしい肌を作る、化粧水の正しいつけ方をご紹介します!

化粧水=肌の水分補給

化粧水のつけ方によって、肌のコンディションが左右される

最近はクリームやオイル単品での保湿が注目され、化粧水の必要性が問われるようになってきました。

しかし、カラカラに乾いた肌にクリームをいきなり塗っても馴染みが悪いですよね。

これは、肌が水分不足を起こして角質層が乱れた状態になっているから。
つまり、著しく乾いた肌には、まず化粧水での水分補給が大切なのです。

水分量を保つことで、吹き出物やニキビを予防する効果も期待できます。

ただし、水分だけでは肌の『保湿』はできません。
化粧水をつけた後は、必ず乳液やクリームでフタをすることを忘れないでくださいね。

 

化粧水の正しいつけ方
・洗顔後、すぐにつける

洗顔後の肌はとても無防備な状態です。
皮脂や保湿成分が少なくなっているため、肌の水分がどんどん蒸発して乾燥してしまいます。
洗った後はすぐに化粧水をつけて、スキンケアを始めましょう。

 

・手のひらを使ってつける

コットンは摩擦力が強いため、正しく使わないと肌に刺激を与えてしまいます。
摩擦が少なく、ほんのり温かい手のひらで化粧水を肌に浸透させてあげましょう。
なお、手のひらに化粧水を広げてから、顔全体を覆うようにつけるのがポイントです。

 

・肌をこすらない

手のひらで化粧水をつけていても、肌をこすってしまっては意味がありません。
肌を刺激すると角質層を傷つけて、肌荒れや老化を促進させてしまいます。
化粧水を肌の奥に押し込むように、優しいタッチでハンドプレスしましょう。

 

・肌を叩かない

毛穴や肌を引き締めるために、化粧水をつけながらパチパチと叩いていませんか?
実は、その叩く行為に引き締め効果はありません。
それどころか肌にダメージを与えて赤ら顔や炎症を引き起こしてしまいますから控えるようにしましょう。

 

・何度も重ねづけしない

肌が乾燥していると、化粧水を何度も重ねづけしたくなりますよね。
しかし濡れている状態の肌は傷つきやすく、触れれば触れるほど負担を増やしてしまいます。
化粧水だけで肌を潤わせようとせず、保湿力の優れた美容液やクリームを使いましょう。

 

化粧水に着目したスキンケアを始めてみてください

毎日何気なく使っている化粧水も、つけ方を見直せば肌環境の改善につながります。

また「セラミド」や「ヒアルロン酸」などの保湿成分が入った化粧水なら、
さらに肌の乾燥を予防してくれるでしょう。

「最近肌の調子が良くない」と悩んでいるなら、化粧水に着目したスキンケアを始めてみてくださいね。

>>美容コラムトップへ